グーグルがソーシャル・ネットワーク・サービス、Google+project(グーグル・プラス・プロジェクト)をローンチしました。
29google-2-popup
29google-1-popup

いまのところ同サービスはごく一部のグーグル・ユーザーのみに提供されるようです。

グーグル・プラス・プロジェクトはFacebookと大きく異なる点があります。


それは会社の同僚や大学の学生寮の友だちや仲の良いともだちなど、小さなグループだけで共有されることを目的にデザインされているという点です。

なおニューヨーク・タイムズは「既にグーグルはBuzzとOrkutという2つのソーシャル・ネットワークを試みており、失敗している。だからグーグル・プラスが成功する保証は無い」としています。

グーグル+のユーザーは先ずGmailのアドレス帳から自分のネットワークに入れたい人を選択します。その際、「親戚」とか「読書クラブ」など好きなサークル名の下にそれらを最初から分類することが出来ます。

フェイスブックと違い相手から承認を得る必要はありません。

だから他人のアップデートを勝手に受け取ることはできるけど、自分のアップデートもそれと引き換えに全ての人とシェアする必要は無いのです。