ギリシャ救援第二枠の詳細が明らかになりつつあります。

そこでは欧州中央銀行(ECB)に代わってEFSF(欧州金融安定基金)がギリシャの支援の母体となることが決定されました。

EFSFの中身はドイツをはじめとする欧州中核国の拠出する資金なわけですからこれは実質的に中核国が周辺国の面倒を見ることを背負い込まされた事を意味します。

(ドイツはさぞ迷惑しているだろう)

若し皆さんがそう感じるのなら、ヨーロッパ経済の勉強をイチからやり直した方が良いと思います。

ドイツは困っていません。

そうではなくて、いまのドイツはときめいているのです!

なぜドイツがいま生き生きしているかといえばそれは未来の欧州の姿をshaping(形作る)することを事実上、一手に任されたと同然だからです。

地政学的な見地からは第二次世界大戦以降、ドイツが今ほどフリーハンドで自由に泳ぎ回れるようになったことはかつて無いのです。

通貨ユーロができるまでの歴史を紐解くと、それは一世紀以上にも渡る長い過程でした。

最初に欧州共通通貨を提案したのはボヘミアの王様、イジー・ス・ポジェブラト(George of Podebrady)であると言われています。彼はトルコからの脅威に抗するために欧州全体が団結すべきだと考えたわけです。
Georg_of_Podebrady

第二次世界大戦の後では欧州の統合こそが世界大戦を防ぐ最良の薬だと考えられました。EUの前身であるEECの構想が練られたのはそのような背景によります。

しかし欧州のそれぞれの国は特色ある文化や風習を持っており、言語も違います。だから平和な日々が続くと地政学的な必要性は忘れ去られ、民族の違いなどが強調されることになります。それは統合の勢いが削がれることを意味します。

欧州統合も長い平穏な日々の中でだんだんモメンタムを失いました。

しかし1989年に起こったベルリンの壁崩壊はそういうステータス・クウォーを大きく変えました。
403px-BerlinWall-BrandenburgGate

西ドイツは東ドイツとの統合を強く望みました。しかしフランスや英国は内心穏やかではありませんでした。なぜならソ連なきあと、若しドイツ帝国が力強く復活するとまたナチスの亡霊が彷徨い始めるからです。

そこでドイツは国民が愛してやまないドイツ・マルクを放棄し、共通通貨を使うことに同意することで東西ドイツ統合の悲願をフランスなどの欧州各国に認めてもらおうという取引に出たわけです。


一方のフランスもフランス・フランを止める気などサラサラ無かったのですが、ドイツが強大になったとき、ソ連という抑止力が無い状況でどうやって安全を確保するのだ?という問題に直面したわけです。そのためには欧州統合を一層進めてひとつになる以外に途は無かったのです。

このように欧州の通貨統合は単純に経済的なソロバンからだけで成り立っているのではなく、地政学的な要因が決定的な役割を果たしたことを忘れてはなりません。

それでは経済的な要因は全く無視して良いのでしょうか?

この面でも日本の市場関係者はドイツの経済と通貨の果たす役割の相互関係について誤解しています。

かつてドイツがドイツ・マルクを使っていた頃、米国にドル不安が発生すると機関投資家の資金はドイツ・マルクに怒涛のように流れ込みました。この結果、マルクがフランやその他欧州通貨に比べて強くなりすぎてしまい、とたんにドイツは不景気に苦しむ結果となったのです。

この状況を元ブンデスバンク総裁のエミンガー(Otmar Emminger)は:

「まるで象と一緒に舟に乗っているようなものだ」

と嘆いていました。この場合の象とは言うまでもなくアメリカから逃避してくる巨額の資本を指します。

つまりドイツ・マルクという受け皿がドルに比べて小さすぎるので、何か問題が起こるとすぐに「船酔い状態」になるのがドイツ経済だったのです。

従って共通通貨ユーロの導入はドイツにとっては過度のマルク高という状態が無くなったので大歓迎すべき出来事でした。そればかりでなく共通通貨の採用でスペインやギリシャなど、これまで通貨が弱過ぎてBMWやベンツが買えなかった国々の消費者もドイツの輸出市場として視野に入れることが出来るようになったのです。

つまりドイツは共通通貨ユーロの採用で1.輸出競争力を増し、2.新しい市場を獲得する、というダブルで得をしたわけです。

翻って今回のギリシャ危機について見るとドイツの産業界はユーロ不安から来る通貨安でルンルン気分になっています。ユーロ安はまさに天からの贈り物です。だからドイツの実業界には「ドイツはユーロを脱退した方が良い」などという寝言を言う人間は一人も居ません。

「ドイツ国民の負担が増えて困る」

そういう主張をするのは暗愚な下々の庶民だけです。

むしろドイツは「最後のお金の出し手」という立場から、表向きには周辺国の尻拭いのお鉢を回されて困ったような表情を作りながら、実際は欧州の事実上のリーダーとして君臨する機会を得て生き生きしているわけです。

メルケル首相は性格的に「海図なき航海」みたいな状況でハッスルするタイプの政治家ではありません。だから「ここぞ」とばかりにしゃしゃり出て親分風を吹かすような事は今回の危機でもやっていません。

しかし有り体に言えば、ドイツは今回のギリシャ危機ではすごく得をしたし、ユーロ圏はバラバラになるどころか一層結束が固くなったのです。

【より詳しく知りたい人のために】
ドイツの奇跡の復興とEUのおいたち 1/4
ドイツの奇跡の復興とEUのおいたち 2/4
ドイツの奇跡の復興とEUのおいたち 3/4
ドイツの奇跡の復興とEUのおいたち 4/4