東芝とインテルがスポンサーとなって新しいタイプの映画をソーシャル・メディア上で封切ります。

『INSIDE』と題されたこの映画、最初のエピソードは7月25日にオンラインでリリースされます。

話の筋としては主人公のクリスティーナ(エミー・ロッサム)が部屋に閉じ込められるというところから始まるのだそうです。

その部屋にはインテルを搭載した東芝のラップトップがあり(笑)、ソーシャル・メディアを使ってクリスティーナが脱出の方法を考えるという設定なのだそうです。視聴者もTwitterやクリスティーナのFacebookページを通じてクリスティーナにメッセージを送ったり、脱出方法についてアドバイスしたり出来るという仕掛けになっています。

つまりこのソーシャル・ムービーは視聴者参加型のインタラクティブなイベントであり、若し成功すれば映画作りや企業のプロモーション企画の在り方を変えるかも知れません。