Hulu Japanがいよいよ9月から日本でサービスを開始しました。

同社は動画サイトですがその特徴はテレビ・ドラマや映画など良質のコンテンツばかりを集めているという点です。

同社にコンテンツを提供しているメディア企業は:

NBCユニバーサル(コムキャスト傘下)
ソニー・ピクチャーズ
20世紀FOX(ニュース・コープ傘下)
ABC・ディズニー
ワーナー・ブラザーズ(タイムワーナー傘下)

などです。

これに加えてHulu JapanではCBSもコンテンツを提供しています。

CBSは本国のアメリカではHuluにコンテンツを卸していないので、所謂、3大ネットワーク(ABC, NBC,CBS)のコンテンツが全部揃うのは日本の方が先になるわけです。


CBSが日本でコンテンツを提供するのをOKした理由は自社の配給網と「喰い合い」になる心配が無いからです。これはその他の米国大手メディア企業にとっても同じ状況です。

なおHulu Japanは「最初の1カ月無料」というキャンペーンをやっているので定期購読するだけの価値があるかどうかは試用期間にじっくり考えることが出来そうです。

料金設定は月額1480円です。

これは米国の料金設定より幾分高いです。

その理由はHuluは日本では広告を流さないからです。
(米国では料金設定が安くなっている代わりに広告が流れます。)