アマゾン・ドットコムの創業者、ジェフ・ベゾスCEOがアマゾンとは別にやっている宇宙事業の会社にブルー・オリジンという非公開会社があります。

実はこのブルー・オリジンが8月24日に無人準軌道飛行宇宙船を打ち上げたのですが噴射装置の誤動作が原因で失敗に終わったようです。下はそのイメージ図です。
Blue_Origin_orbital_spacecraft

民間宇宙開発事業ではブルー・オリジンの他にテスラ・モーターズ(ティッカー:TSLA)の創業者、イーロン・マスクが主宰するスペースXとバージン・グループのリチャード・ブランソンの会社、バージン・ギャラクティックが有名です。
下はバージン・ギャラクティック社の「スペースシップ・ツー」のイメージ図です。
galacticship


このうちブルー・オリジンは最も秘密主義でその活動内容は殆ど公開されていません。ブルー・オリジンは早ければ2012年にも有人飛行を計画していたと言われます。しかし今回の打ち上げ失敗は有人飛行の遅延を招くと思われます。

最近、民間宇宙開発が米国でにわかに注目されている第一番目の理由はスペースシャトルのプログラムが終了したことによります。

このため当面アメリカは宇宙ステーションへの人員や補充物資の運搬をロシアに依存しなければいけない状況になっています。

そのロシアのロケットも最近事故を起こしており「安定的に宇宙ステーションにサプライを供給できないのであれば宇宙ステーションの人員計画そのものも見直す必要がある」という焦りを米国の関係者は感じ始めています。