chubby-checker-doing-twist
水曜日のマーケットが引けた後、ウォールストリート・ジャーナルでFRBを担当している記者、ジョン・ヒルゼンラースが「Fed Prepares to Act(FRBは行動を起こす準備をしている)」という見出しの記事を書きました。

具体的には:

1.オペレーション・ツイストの実施
2.銀行がFRBに預ける準備金に0.25%の金利を払うのをやめる
3.失業率ないしはインフレ率のターゲットを明示する

という3つの方策のうちどれかが発表される可能性があるとしています。早ければ今夜のベン・バーナンキFRB議長のスピーチでそれに言及される可能性があります。


これとは別に金曜日(9日)にはオバマ大統領も3000億ドルにのぼる雇用拡大政策をテレビ演説で披露すると予想されています。

レーバー・ディが明けて以来、FRB、ホワイトハウス(オバマ政権)、キャピトルヒル(議会)それぞれの関係者はようやく腕まくりして景気対策にもう一度取り組み直そうという態度を見せています。

これがたんなるポーズに終わるのか、それとも本気を出しているのかは今の時点では何とも言えませんけど、ムードとしては積極姿勢になっていることが伝わってきます。