ウォールストリート・ジャーナルは「アマゾン・ドットコムがネットフリックスのような定額で読み放題のサービスを検討している」と報道しました。

それによると一定の年間フィーを払った消費者に好きなだけ本を借りられるようにすることを同社は検討しているようです。ウォールストリート・ジャーナルはそれを「Digital-Book Library」と形容しています。

ライブラリー(図書館)と言うと「借りる」感覚です。

「借りる」というからにはデジタル・ブックが消費者のデバイスに保存されるのではなくむしろクラウドからストリーミングされる感覚になります。

このようなストリーミング・サービスは既にインターネット・ラジオや映画で消費者に定着しておりそれが本でも実施できないという理由はありません。

実際、毎月沢山の本を買う人はこのようなサービスの方が良いと感じるかも知れません。



しかし出版社の側はこのコンセプトには余り乗り気ではないようです。

それは若しこのサービスが定着した場合、それが電子書籍の価格破壊につながる危険性があるからです。

アマゾンは頻繁にアマゾンで買い物をする上得意の顧客を「Amazon Prime Customer」と呼び、郵送料を無料化するほか映画やTVドラマの値引きを行っています。そのサービスの一環として「読み放題」サービスを「Amazon Prime Customer」向けに発表するというシナリオもあるわけです。

いずれにせよ若しこれが実現するとアマゾンの電子書籍分野での支配が一層強固になると思われます。