「なにかいい仕事みつけたいな」

そう思ったときにグーグルしてもなかなか自分の探し求めているものにピッタリ来る検索結果に辿りつけない、、、そんな経験をされた方も居るかと思います。

indeed.comは求人情報だけに特化したサーチ・エンジンです。
無題

同社はテキサス州オースチンとコネチカット州スタンフォードに事務所を構えています。

同社に出資しているスポンサーは今、飛ぶ鳥を落とす勢いのユニオン・スクエア・ベンチャーズとメディアに特化したブティック投資銀行のアレン&カンバニー、そしてニューヨーク・タイムズです。

コムスコアによるとindeed.comの月次ユーザー数は3~4000万人です。日本語版もあります。

同社の検索エンジンは主に職種(例:証券アナリスト)と場所(例:サンフランシスコ)という2つのクライテリアから求人情報を絞り込んでゆきます。

最近、同社はindeed resumeという新しいサービスを始めました。

これは検索をかけてやると求人情報ではなく、逆に履歴書を検索結果として表示するサービスです。つまり採用する企業の側をユーザーとして想定しているわけです。

皆さんが若し自分の履歴書を掲載したいと思えばここから掲載できます。