22日の株式相場は世界的に大荒れでした。

今日の下げはギリシャやイタリアが原因ではなく、「世界的に景気が失速しているのではないか」という懸念が原因でした。

まずアジア市場では前夜の米国の軟調な地合いを受け継いで始まりましたが、HSBC製造業購買担当者指数が49.4と悪かったこともあり、香港ハンセン指数は-4.85%の急落となりました。

購買担当者指数は50が景気拡大・後退の目安であり、これが50を割ると景気が後退していると解釈されます。

アジア市場の軟調を受け、欧州市場も冴えませんでした。欧州の製造業購買担当者指数も48.4と悪かったです。Markitによるとこれは2009年8月以来の悪い数字です。因みに先月は49.0でした。

今日発表された米国の経済指標は特別悪いものはありませんでした。新規失業保険申請件数はほぼ予想通りの42.3万件でした。また8月の景気先行指標総合指数は+0.3%で予想より良かったです。

しかし全てのリスク資産から一旦、資金を引き揚げる「Risk off」の流れから資金のリパトリエーションが出ました。

一般にリパトリエーションの局面では次のような現象が起こることが知られています:

ドルは買われる
原油や金などのコモディティは売られる
新興国株式は売られる


今日はこれらの全ての現象が見られました。

投資家は資金の避難先として米国債を選好しています。米国の10年債金利($TNX)はリスク回避の資金が流入したので窓をあけ、利回りで新安値(価格は上昇)をつけています。
tnx

次はフランスCAC40指数です。22日の引けは2,781.68、前日比-5.25%と大きく売られました。9月に入ってからの瞬間安値、2,769.97が次の目安です。
cac

次はドイツDAX指数です。22日の引けは5,164.21、前日比-4.96%です。目先の下値支持は4,965.80にあります。
dax

上のチャートを見てもわかる通り、高値がだんだん切り下がる「ロウアー・ハイ」となっており、未だ底値模索中です。

次は英国FTSE100指数です。22日の引けは5,041.61、前日比-4.67%です。こちらは昨日まではだんだん安値が切り上がる、「ハイヤー・ロー」のチャートでしたが今日の急落でそのトレンドを割り込みました。次の下値メドは4,929.55、その次は4791.01です。
ftse

VIX指数は+12.08%の41.83で引けました。今年のVIXの高値は48.0です。
vix

S&P500指数は1,129.56、前日比-3.19%で引けました。
spx