Aerial_View_Of_Archipelago_Los_Roques__Venezuela

病気療養中のベネズエラのウゴ・チャベス大統領がベネズエラ沖のカリブ海のリゾート、ロスロケスの国有化を宣言しました。

「外国のブルジョアに勝手な真似はさせない」

というのがその理由です。

ロスロケスは静かな海に純白の砂浜が広がっており、カリブ海のリゾートの中でも最も美しいという評判の場所です。

しかしチャベス大統領の主張とはウラハラに外国からの観光客は実は多くありません。

その理由はベネズエラの犯罪率の高さ、観光インフラの未整備などが原因です。

フィナンシャル・タイムズのブログは今回のチャベス大統領のロスロケス収用は石油産業における外国資本の接収の流れを汲んだものだとしています。

これまでにエクソン・モービルをはじめとする実に400社にのぼる事業がベネズエラ政府によって国有化されました。

一説には10月から始まる選挙戦に向けての宣伝効果を狙った発表ではないか?という見方もあります。