ギリシャ債務危機が世界経済全体にとってどのようなスケールの問題なのかを整理しておきます。

最初のグラフは主要国のGDPの規模の比較です。
1

なおここで使用したデータは全てニューヨーク・タイムズから引用しました。そのニューヨーク・タイムズは2011年10月20日に出されたBIS(国際決済銀行)の報告書を基にしています。データは2011年6月現在のものです。なおBISのデータはノンバンクによる貸借は含まれていません。

次のグラフは各国の負債がGDPの何%かを示したものです。
2

次のグラフは各国の政府負債額を示したものです。
3

EUの主要メンバー7カ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ギリシャ、アイルランド、ポルトガル)の政府負債額を全て足し上げ、それをGDPで割った比率は91.6%となります。
4

これは日本や米国より低いことに注目して下さい。

またEU7カ国の負債総額も米国や日本より少ないです。
5

このことは若し、EU7カ国がヨーロッパ合衆国のようなカタチでひとつの国であれば、そもそも今心配されているような危機は起こらずに済んだ可能性があることを示唆しています。


最後に欧州の民間銀行が各国の国債をどれだけ保有しているかのグラフを添えておきます。参考のために欧州金融安定ファシリティ(EFSF)の未使用額も赤で示しておきました。
6