ネットフリックス(ティッカー:NFLX)が第3四半期の決算を発表しました。

EPS 予想94¢ 実績$1.16
売上高 予想8.12億ドル 実績8.22億ドル

さて、上の数字は無難に見えるのですが、問題は今期ネットフリックスの米国内のサブスクライバー(顧客)が81万人減ったという点です。
1
2

これまで同社のサブスクライバーは着実に増えてきていただけに今日のニュースはショックでした。


さらに来期のガイダンスも大幅に引き下げられています。

EPS コンセンサス予想$1.09 新ガイダンス 36~70¢
売上高 コンセンサス予想9.23億ドル 新ガイダンス 8.41~8.75億ドル

サブスクライバー数が急減した背景にはDVD部門における値上げに消費者が反発したことがあります。

ネットフリックスは英国およびアイルランドに進出する計画ですが当初はその先行投資負担が重く、これも業績の足を引っ張ると予想されています。

ネットフリックス株はアフター・マーケットで-27%と急落を演じています。