エコノミック・サイクル・リサーチ・インスティチュートの景気先行指数のひとつ、ウイークリー・リーディング・インデックスが先週(10月14日の週)の120.4から今週(10月21日の週)は121.3へと改善しました。

下は長期でのチャートです。
1

今年に入ってからの部分を拡大したのが次のチャートです。
2

これは2週間連続の改善となります。

もちろんこれで「底入れ」と決まったわけではありませんが、去年もこの水準(底値は120.3)でボトムとなっていますから一応反発のメドの水準には既に来ていると考えて良いと思います。