インドネシアのETFとしてはiShares MSCI Indonesia(ティッカー:EIDO)があります。
このETFは今年の夏までパフォーマンスが良かったのですが、8月の世界市場の混乱の際にとりわけ酷く売り叩かれました。
eido da

一時は23ドル台を見たのですが、その後、30ドルの水準を回復しています。

これは他のアジアのETFの値動きよりかなり荒っぽい値動きです。

しかしインドネシアの経済自体は堅調に推移しています。


GDP成長率は過去4四半期連続して6%台を超えています。7~9月の固定資産投資は+7%、輸出成長率は+18.5%でした。

インドネシアでは今週木曜日に政策金利の発表があります。10月の政策金利会合ではサプライズの利下げ(25bp)があり、政策金利は6.5%とされました。

つまりブラジルやトルコに続いて利下げ局面に入っているわけです。

先月のインフレ率は4.4%へと下がりましたので今回の政策金利会合でも更に利下げ出来る余地があります。

注目したいと思います。