ウォールストリート・ジャーナルの記事の中に大学(ここでは4年生大学)での専攻が将来の本人の年収に大きな差を生むという事が書かれていました。

WSJの記事はジョージタウン大学が2010年の米国国勢調査のデータを分析することで得た調査結果を引用しています。

なお専攻分野は元の調査では173ありますが、ここでは代表的なものだけを一部抜粋しています。

こうやってグラフを見るとエンジニアリングのような専門性の高い分野のお給料が高いです。なお石油エンジニアリングや鉱業エンジニアリングは最近のコモディティ高を或る程度反映してのことだと思います。


1
2
3
4