格付け機関、ムーディーズが週刊レポート、「ウイークリー・クレジット・アウトルック」の中で「若しフランスの借金する際のコストが高止まりを続ければ国家財政は悪化する」と指摘しました。

この場合の借金する際のコストとはフランス国債金利を指します。

フランス国債が売られ、その結果、利回りが高くなってしまっている状態に輪をかけているのがGDP成長率の見通しが下がってきている点です。


フランス政府による2012年のGDP成長予想は1%ですが、「この程度しか成長しないのであれば借金の軽減は困難だ」とムーディーズは指摘しています。

現時点ではフランスのAaa(=トリプルエーと読みます)の格付けに変更はありません。またムーディーズは今後の格付けの見通しを「安定的(stable)」としていますが、今はそれを維持する考えです。

なお三大格付け機関の現在のフランスに対するレーティングは:

S&P AAA(安定)
フィッチ AAA(安定)
ムーディーズ Aaa(安定)


となっています。