ジョンソン&ジョンソン(ティッカー:JNJ)の配当利回りは3.48%と魅力的であり、ヘルスケアや日用品などの景気変動に影響されにくい事業を行っています。

ジョンソン&ジョンソンの事業は次の3つに分類できます:

1.医療機器、診断装置
2.薬品
3.日用品

2


医療機器、診断装置部門における主要ブランドの売上高は下のグラフのように推移しています。
5

デピューは人工ヒザ関節などの整形外科医療器具を作っています。エチコン・エンドサージェリーは内視鏡下手術関連製品や超音波メスなどを作っています。エチコンは手術用縫合糸のメーカーです。

薬品部門の主力薬の売上高の推移は下のグラフのようになっています。
4



レミケードはリウマチ治療薬、プロクリットは赤血球生成促進剤、リスパダールは強力精神安定剤、レバクインは細菌感染症予防薬、コンサータはADHD薬、ベルケードは多発性骨髄腫治療薬です。

日用品部門にはOTC薬、スキンケア、ベビー・ケア、絆創膏などが含まれます。
3

ジョンソン&ジョンソンの過去10年間の売上成長率は年率9%でした。キャッシュフロー成長率は11%、EPS成長率は12%です。
1

同社の営業マージンは32%、純利益マージンは21%、株主資本利益率は22%です。