シンガポールの大手銀行、DBSグループが2011年第4四半期ならびに2011年通年の決算説明会を開催しました。

全般としては良い方向に向かっています。

まず2011年通年の純利益は30.35億シンガポール・ドルで、2010年の実績を+15%上回りました。


純金利収入は48.25億シンガポール・ドルで前年比+12%でした。

費用比率は43%でした。

資産内容の改善を受けて引当金は前年比-21%の7.2億シンガポール・ドルでした。

純金利マージンは香港の預金コスト増とシンガポールの金利低下の挟み撃ちでじりじり減少しています。
1



同行は純金利マージンの減少を貸付ボリュームを増やすことで補っています。
2

貸付対預金比率は86%と健全です。

フィー収入は株式ブローキング業務の低迷で足踏みしています。

アセット・クウォリティーには問題はありません。

同行はシンガポールのライバル銀行と比べて香港の拠点におけるビジネスが足を引っ張ってきました

その香港拠点では人民元関連ビジネスが成長しています。これは本土関連ビジネスに注力した結果です。加えて裕福層向け資産運用ビジネスに力を入れています。




【お知らせ】
シンガポール証券取引所と楽天証券の共催で『初めてのアセアン取引』セミナーが2月25日(土)に開催されます。

本セミナーはこのたび楽天証券がアセアン株式サービスを開始することを記念して企画されました。

詳細はこちらをご覧ください。