米国の決算シーズンが第3週目を迎えています。
今回既に決算発表をした企業のうち72%がEPSで市場予想を上回っています。
1

一方、売上高では70%の企業が市場予想を上回っています。
2

これらはいずれも最近の決算シーズンよりも良い成績です。

但し一般論として決算発表日が早い企業ほど市場予想を上回る確率が高いと言われています。したがって決算シーズンの後になるほど、上の2つのグラフの数字は下がって来ると考えるのが自然なのです。


逆に言えば決算発表日が遅い企業は内部管理が杜撰で、決算も取りこぼしが多いわけです。

最後にガイダンスですが今期の決算シーズンでは久しぶりに強気のガイダンスを出す企業がいまのところ多い点は注目に値します。
3