ウォールストリート・ジャーナルのブリュッセル番の記者、マティナ・ステヴィスが日曜日のギリシャの再選挙の細かい注意点に関して記事にしています。
(なお彼女はギリシャ人で、今回の再選挙をカバーするためにアテネ入りしています。彼女のTwitterはとても簡潔かつ知りたいことをチョー速でつぶやいているので、おススメ)

再選挙が前回の選挙と大きく違う点は、今回は候補者に投票するのではなく、政党に投票すると言う点です。

各政党は獲得議席に応じて、党内の順位の高い者から順番に議席を与えます。

前回の選挙では32の政党が参加しましたが、今回、立候補している政党数は21です。

現在の予想では単独過半数を獲得できる政党は無いとされています。その場合、第1党が中心となり連立政権を形成する根回しが行われるわけですが、その交渉は選挙後三日以内に行われる必要があります。


若し第1党が連立政権形成に失敗した場合、第2党のリーダーにその仕事が回ってきます。それでも連立政権形成が出来なかった場合、暫定政権(Caretaker government)が次の選挙まで留守番をします。

6月17日のスケジュール
5AM GMT 投票開始
5PM GMT 投票終了
5PM GMT 出口調査(アンケート)結果発表


開票作業は5PMから開始され、現地深夜までかかると思われるが地区によっては勝者がすぐに判明しない場合もあるそうです。