アマゾン・ドットコム(ティッカー:AMZN)が近く日本でも電子書籍リーダー、「キンドル」を発売するようです。まだ具体的な発売時期や価格は明らかではありません。

電子書籍市場に関するPWCのアンケート調査によると、現在、既に米国で電子書籍リーダーを持っている人はアンケート回答者の7%でした。
1

「聞いた事が無い」あるいは「それが何に使われるものなのか知らない」という回答者が合計で33%も居ます。従って、未だ今後の成長余地は大きいと思われます。

次に購買意向に関する問いに対しては、16%の回答者が「半年以内、もしくはいつか買う」と答えています。
2

今後買うとすれば電子書籍リーダーか、それともタブレットか?という質問では、電子書籍リーダーという回答者が多かったです。
3



次に電子書籍の価格設定についてですが、若し紙の本が14ドルだったとしたら、電子書籍がいくらまでなら買うかという質問をしたところ、下のような回答になりました。
4

下はPWCの考える、米国の書籍市場全体に対する紙の本のシェアの予想です。
5

下は紙の本ならびにオーディオブックと、電子書籍の市場規模です。
6