米国株式市場のセクター・パフォーマンスをステート・ストリートのセクター・スパイダー(SPDR)ETFで検証してみましょう。

先ず消費循環株ETF(XLY)Consumer Discretionary SPDRです。これに含まれるのは、自動車、消費耐久財、ホテル、アパレル、レストランなどです。主な銘柄はコムキャスト(CMCSA)、マクドナルド(MCD)、ウォルト・ディズニー(DIS)、アマゾン・ドットコム(AMZN)、ホーム・デポ(HD)になります。
1

次は消費安定株ETF(XLP)Consumer Stalpes SPDRです。これに含まれるのは薬局、飲料、食品、タバコ、日用品などになります。主な銘柄ではコカコーラ(KO)、プロクター&ギャンブル(PG)、フィリップ・モリス(PM)、ウォルマート(WMT)、クラフト・フーズ(KFT)、アルトリア(MO)などです。
2


三番目はエネルギー株ETF(XLE)Energy SPDRです。石油、天然ガスなどがこれに含まれます。銘柄ではエクソン・モービル(XOM)、シェブロン(CVX)、シュランベルジェ(SLB)、オクシデンタル・ペトロリウム(OXY)などになります。
3

次は金融株ETF(XLF)Financials SPDRです。銀行、証券などがこれに含まれます。銘柄的にはウエルズファーゴ(WFC)、バークシャー・ハサウェイ(BRK,B)、JPモルガン(JPM)、シティグループ(C)、バンク・オブ・アメリカ(BAC)などになります。
4

次はヘルスケア株ETF(XLV)Healthcare SPDRです。ヘルスケア・サービス、薬品、バイオなどがこれに含まれます。銘柄はジョンソン&ジョンソン(JNJ)、ファイザー(PFE)、メルク(MRK)、アボット・ラボ(ABT)、アムジェン(AMGN)などになります。
5

工業株ETF(XLI)Industrials SPDRは航空宇宙、防衛、建設、電機、機械などを含みます。銘柄ではゼネラル・エレクトリック(GE)、UPS(UPS)、ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)、3M(MMM)などです。
6

次は素材株ETF(XLB)Materials SPDRです。化学、建材、コンテナ、パッケージング、鉱業などがここに含まれます。銘柄的にはモンサント(MON)、デュポン(DD)、ダウケミカル(DOW)、フリーポート・マクモラン(FCX)、プラクセア(PX)などです。
7

次はテクノロジー株ETF(XLK)Technology SPDRです。ITコンサルティング、半導体、コンピュータなどがここに含まれます。銘柄はアップル(AAPL)、IBM(IBM)、マイクロソフト(MSFT)、AT&T(T)、グーグル(GOOG)、ベライゾン(VZ)、オラクル(ORCL)、インテル(INTC)などです。
8

最後が公共株ETF(XLU)Utilities SPDRです。電力会社、ガス会社などです。銘柄はデューク・エナジー(DUK)、サザン(SO)、エクセルオン(EXC)、ドミニオン(D)などになります。
9