スプリント・ネクステルが8月6日からiPhone 4Sを50ドル値引きし、$149で売っています。

これに対してアップル・ストアでも「一部の電話会社が提示している価格に、マッチングしてよい」という指示が出た模様です。(なお公式なアナウンスメントは出ていないはずです)

アップルが9月にiPhone 5を発表するというのは半ば公然の秘密であり、先に発表された同社の決算でも既に新製品発売を前にした消費者の買い控え行動が明らかになっていました。

アップルが新製品発表(9月12日?)前に既存モデルの在庫一掃を狙った値引きをするケースは前例(iPod)がないわけではありませんが、どちらかといえば稀です。

アップル・ストアにおける値引きは8月9日からはじまっているようです。

【関連するエントリー】
スプリント・ネクステルがiPhoneで無謀な賭け