フェイスブック(FB)は世界最大のソーシャル・ネットワーク企業です。
同社は3月31日現在で9億人の月次アクティブ・ユーザーを擁しています。
同社の売上高は主に広告から上がっています。またジンガ(ティッカー:ZNGA)などのサードパーティーからのフィーもあります。

同社の第2四半期決算は11億ドルの変動報酬費用が主な原因で1.57億ドルの赤字となっています。なお第2四半期の売上高は11.8億ドル(前年比+32%)と、コンセンサス予想を上回りました。

同社のユーザーはこれまで主にデスクトップPCからFacebookにアクセスしていました。しかし最近はモバイルからFacebookにアクセスする利用者が増えています。このことは広告を表示する機会が減ることを意味します。また利用者が広告をクリックする、いわゆる「クリック・スルー」の面でも改善の余地があります。

そのような理由から同社のサービスの人気とはウラハラに、業績的には厳しい環境に置かれています。

最近、CEOのマーク・ザッカーバーグが「向こう1年間は自分の持ち株は、売らない」と発表したのは「彼がCEOとして初めて投資家に誠意を見せた」として評価する向きもあります。

下は同社の一株当り利益(EPS)と一株当りキャッシュフロー(CFPS)の予想です。
1


次は同社の売上高予想です。
2

次は同社のマージン予想です。
3

次は株主資本利益率の予想です。
4