グーグル(ティッカー:GOOG)は世界最大の検索エンジンの会社です。同社の売上は主に広告収入からもたらされています。売上高の54%は海外から上がっています。

同社の第2四半期決算は売上高が122.1億ドル(+35%)、EPSが$12.21と確りしたものでした。

ペイド・クリックは+42%で成長しており、同社のコア・ビジネスは安定しています。

同社の一株当り利益(EPS)と一株当りキャッシュフロー(CFPS)は次のグラフのように推移しています。
1

同社は2009年に厳しいマクロ経済の環境下で設備投資を大幅に絞り込みました。
2


マージンは安定的に推移しています。
3

株主資本利益率も安定しています。
4

同社の過去5年の売上高成長率は年率33.5%、キャッシュフロー成長率は+36.0%、EPS成長率は+36.5%でした。バランスシートは強固です。