リビアのベンガジでアメリカの外交官、クリストファー・スティーブンスが暴徒に殺される事件がありました。

アメリカのある個人がマホメットを冒涜するようなYouTubeビデオをアップロードしたことに対し、中東で抗議の声が上がっていることが背景にあります。

アメリカの外交官が任地で殺害されたのは1979年カブールでアメリカの外交官が殺されて以来のことです。

米国政府の対応に関しては未だ正式発表はありません。


なおこのビデオに対する抗議行動はエジプトのカイロでも起こっており、アメリカ大使館の星条旗が暴徒によって下ろされるという事件があったばかりです。