IEA(International Energy Agency)が『ワールド・エナジー・アウトルック2012』を発表しました。

それによると2020年までに米国は世界最大の産油国になると予想されています。その結果、現在米国の石油消費の20%程度を占める海外からの輸入は、ゼロになり、2030年頃までには石油輸出国になるだろうと予想されています。

『ワールド・エナジー・アウトルック2012』メディア向けプレゼン資料

この急激な変化の背景にはシェール・ガスならびにシェール・オイルの開発が関与しています。IEAの試算では米国における原油生産は2020年に1,110万バレル/日でピークをつけ、その後、減少すると見ています。

地政学的見地から見ると、今後中東の原油への依存度はアジア諸国の方が高くなる(プレゼンの6頁)ので、米国の中東情勢への関心は相対的に低下することが考えられます。