最新のブルベア指数では強気が38.3%と先週の43.6%から減りました。また弱気は28.7%と先週の27.7%から増加しています。
1

このため強気から弱気を引いた差は9.6と今回の調整局面ではじめて10を割り込みました。
2

これはセンチメント的に底入れが近いことを示唆しています。

ただ6月に相場が底入れしたときの水準は7.4でした(白の破線)ので、未だその水準には達していません。また去年の暮に相場が底入れしたときには強気から弱気を引いた差はザックリとマイナス圏に入っていました。

これらのことを考えると、相場が底入れするためには「ヒヤッ」とする場面が必要なのかも知れません。