皆がアブラハムの「いつかはゆかし」をつっついて楽しんでいるので、言っておく。

利回り10%という数字は、かなりきつい目標ではあるけれど……絵空事ではない。

証拠を見せよう。

下はウォーレン・バフェットのバークシャー・ハサウェイのホームページのリンクだ。

Berkshire Hathaway Inc.

ここに年次会計報告書(2011 Annual Report)がある。それをクリックして欲しい。

そこで4ページにスクロールダウンすると、後光きらめく同社の過去のパフォーマンス(簿価の上昇率)が出ている。19.8%だ。

つまり「いつかはゆかし」の2倍近いパフォーマンスを、バフェット翁はあげておるのじゃ!

ちょ、ちょっと待て!

バークシャーって、確か株式を上場しているよね?

そうだ。ティッカー・シンボルはBRK.Aだ。だから……なにも「ゆかし」に行かなくても、バークシャーに投資しておくだけで、もっとすんばらしいパフォが期待できるってわけさ。

お、おれ、ちょっとニューヨーク行ってくるわ。

ありぃ!? なにこの$152,009って?

そうだ。1株買うのに、1,419.9万円、要る。

げえ~っ! そんなの買えないよぉ!

どや、現実は厳しいねん。おまいらビンボー人には、心の救済は、ないんや。

じゃ、やっぱり「ゆかし」……ですか?

こらっ、ちょっとバークシャーのさっきの年次会計報告書をちゃんと見てみい! S&P500の配当込みトータル・リターンは、どうなっとるんだ?

……きゅ、9.2%とあります。

せやがな。

するとやで……ただS&P500を黙って抱いてるだけで、「いつかはゆかし」の想定リターンとほぼ同じリターンが、出るねん。「いつかはゆかし」は毎年助言フィーを取りよるから、それを引き算すれば、S&P500と、ほぼ一緒や。S&P500なら、ETFでSPYとか、いろいろあるで。