リーマンショックから5年の歳月を経て、投資銀行界の雇用環境がそろそろ好転するのではないかと囁かれています。

下は中堅ヘッドハンター、ダートマス・パートナーズの調べた、シティ・オブ・ロンドン(=ロンドンの金融街)での給与動向です。

なおここに掲げたのはIBD、すなわち投資銀行部門に所属する社員です。アナリストというのは日本で言えば新卒に相当します。
1
その次がアソシエートです。繰り延べ比率とはディファード・ポーションの事を指します。偉くなるほどボーナスのキャッシュ比率は下がり、将来、もし不正などが発覚したとき、ボーナスを撤回(=これをクローバックと言います)出来るようにキャッシングできない期間を設けてあるわけです。
2
ヴァイスプレジデントは日本で言えば「課長」程度。
3
なおヴァイスプレジデントより上になると本人がどれだけレベニュー、すなわち案件を取って来れるかによって報酬は大きく変化しますので、平均には殆ど意味がありません。
4