アップル(ティッカー・シンボル:AAPL)の株価が冴えません。

2

でも僕は現在のアップルは買い場だと考えています。その理由はアップルがiWatchを開発中だという噂が聞こえて来るからです。

iWatchを開発しているという噂が、事実なのか、それともガセネタなのかは、僕にはわかりません。またiWatchが商業的に成功するかどうかも、全くわかりません。

でも大事なポイントは、「全く白紙のキャンバス上で、未来のメガ・ヒットをdreamingできる」という点ではないでしょうか?

腕時計ということは、商品設計に新しいフォームファクターを持ちこむことになります。つまりデザインの勝負を、ゼロからリセットできるのです。デザインはアップルのコンピタンスです

多くの投資家はfunctionality(機能性)やfeature(何が実装されているか)が問題だと勘違いしていますが、それらは重要ではありません。

重要なのは、「おれも、あれが欲しい! 欲しくて、欲しくて……居ても立ってもいられない」という飢餓感が作れるかです。

スマホはその点、もう完成度が高くなり、各社の商品間の差異も僅かになってしまいました。



誰がデザインしても、大体、現在のiPhoneのようなLook & Feelに落ち着かざるを得ないわけです。そこに驚きは無いし、改善が単にincremental(段階的)であれば、当然、Buzzも起こりません。

アップルという会社はコンシュマー・プロダクトの会社なので、何だかんだ言っても、所詮、それは流行商品の世界です。そうでなければ同社の現在の異常に過小評価されているPERは、投資理論では説明がつかないのです。僕にとって納得できる、唯一の低評価の解説は「アップルは流行り廃りの商品を扱っている会社だから」ということに尽きます。

その点、iWatchなら、常に皆から見られているという「見せびらかし感」を満喫できるし、これに「OLEDのディスプレイ搭載!」とか何とか謳い文句をつければ、ヲタクが勃起するのは必至。