中国の3月の消費者物価指数は予想の+2.5%に対して結果は+2.1%でした。

また生産者物価指数は予想の-1.9%と一致していました。

1

消費者物価指数も、生産者物価指数も、先月より低かったです。

もちろんインフレは低いに越した事はありません。でも中国の場合、とりわけ生産者物価指数のベクトルは景気の指標としてとても参考になるデータ・ポイントです。それが再び下向いているということは、景気の先行きに陰りが見えていると見ていいでしょう。