先のエントリーに関連して、ひとつ映画を紹介します。

米国の移民法の改正を求めるドキュメンタリー映画、『The Dream is Now』はスティーブ・ジョブズ夫人がアカデミー賞を受賞したことのある映画監督、デービス・グーゲンハイムに依頼して三ヶ月で撮った映画です。

グーゲンハイム監督は『Waiting for Superman』という映画も過去に撮っています。

この映画の公式サイトはココです。


【関連する記事】
スティーブ・ジョブズ夫人が「ヒラリー・クリントン大統領」実現のために動き出した?