オバマ政権が二番目のLNG輸出プロジェクトにOKを出しました。

今回、輸出許可を得たのは「フリーポートLNGプロジェクト」と呼ばれる案件で、テキサス州のクゥインタナ島に100億ドルの費用をかけて輸出設備を建設します。ここでシェールガスを液化天然ガスに圧縮し、LNG船に積むわけです。顧客は中部電力、大阪ガス、BPエナジーなどです。

なおアメリカ政府はプロジェクトごとに輸出許可を出しており、新しく輸出を計画する業者は政府に許可申請をする必要が今後もあります。

許可第1号は2011年5月のシェニアー・エナジー(ティッカー・シンボル:LNG)でした。

このニュースを受けて、プラント関連株が急騰しています。シカゴ・ブリッジ&アイアン(ティッカー・シンボル:CBI)、KBR(KBR)+3.97%、フルアー(FLR)+4.15%などです。