1

2005年以降、アメリカの投資週刊紙『バロンズ』は「最も尊敬される企業」というアンケート調査を実施しています。

アンケートは今年の5月から6月の間に87の機関投資家ならびにフィナンシャル・アドバイザーに対して実施されました。

サンプルはちょっと少ないですね。

このリストは、あくまでもウォール街の平均的な投資家が今、どんな企業を尊敬しているかの美人投票程度の意味しかないと思います。

今年の投票では去年首位だったアップル(ティッカーシンボル:AAPL)がウォーレン・バフェットのバークシャー・ハサウェイ(ティッカーシンボル:BRKA)とウォルト・ディズニー(ティッカーシンボル:DIS)に抜かれ、第三位になりました。