Bitcoincharts

「誰かが、ぜったいに始めるだろうな……」

そう思っていたことが、起きました。

ビットコイン(Bitcoin)のETFが、計画されているのです。

先ず、ビットコインって、何? という事を、今回、SECに提出されたS-1に書かれた定義で見ることにしましょう:

A Bitcoin is one type of a Digital Math-Based Asset that is issued by, and transmitted through, an open source, cryptographic protocol platform known as the Bitcoin Network. The Bitcoin Network is an online, end-user-to-end-user network that hosts the public transaction ledger, known as the Blockchain, and the source code that comprises the basis for the cryptographic and algorithmic protocols governing the Bitcoin Network. Bitcoins can be used to pay for goods and services or can be converted to fiat currencies, such as the US Dollar, at rates determined on Bitcoin Exchanges. See “Uses of Bitcoins–Bitcoin Exchange Market,” below. Each Bitcoin is a digital file and can be transferred without the involvement of intermediaries or third parties, ensuring that there are little or no transaction costs in direct end-user-to-end-user transactions; third party service providers such as Bitcoin Exchanges may charge significant fees for processing transactions. The Bitcoin Network is decentralized and does not rely on either governmental authorities or financial institutions to create, transmit or determine the value of Bitcoins. Rather, the value of Bitcoins is determined by the supply of and demand for Bitcoins in the Bitcoin Exchange Market, as well as the number of merchants that accept them.
Satoshi Nakamoto is considered to be the creator of Bitcoins and the Bitcoin Network; however, no individual with that actual name has been publicly identified as the Bitcoin Network’s creator, and the general consensus is that the name is a pseudonym for the actual inventor or inventors. The first Bitcoins were created in 2009 after Nakamoto released the Bitcoin Network source code (the software and protocol that created and launched the Bitcoin Network). Since its introduction, the Bitcoin Network has been under active, unofficial development by a group of engineers headed by Gavin Andresen, Chief Scientist at the Bitcoin Foundation. As an open source project, Bitcoin is not represented by an official organization or authority. Nonetheless, the Bitcoin Foundation works to organize the Bitcoin community and to develop and protect the Bitcoin Network’s code.


ポイントだけ訳すと:

ビットコインとは電子計算に基づいた資産のいち形態であり、オープンソースの、暗号化された手順で受渡される。その受渡ネットワークがビットコイン・ネットワーク(The Bitcoin Network)で、取引があったことはブロックチェイン(Blockchain)と呼ばれる取引台帳によって記録される。ビットコインはモノやサービスの支払いに使えるし、米ドルのような通貨にも、そのときの相場で換金できる。その相場はビットコイン・エクスチェンジ(Bitcoin Exchanges)と呼ばれる、ネット上の「取引所」によって決まる。

ビットコインはデジタル・ファイルであり、金融機関などの仲介者を必要とすることなく、他人に渡せる。この場合のコストは限りなくゼロに近いが、ビットコイン・エクスチェンジなどの運営者が売買を仲介した手間の対価としてフィーを課すことがある。

ビットコインは分散型で、中心というものがなく、政府や金融機関などの権威の後ろ盾もない。その相場は需要と供給、さらにどれだけの商店主やビジネスが、それを通貨として支払選択肢に加えるかによって決まる。

ビットコインを発案したのはナカモトサトシという人物だとされているが、公にその人物は確認されておらず、多分、本人の正体を隠すための偽名だと考えられている。



今回のETFを申請したのは、映画『ソーシャルネットワーク(但し英語版)』に登場したことで有名なウィンクルボス兄弟です。


ウィンクルボス兄弟はFacebookが未だハーバード大学の学生寮で運営されていた初期に、その運営に協力しました。しかしそれに対して正当な対価を受け取らなかったとして、訴訟を起こしました。この訴訟は、結局ウィンクルボス兄弟の敗訴に終わっています。

最近、ビットコインがメジャーになるための、既存の法体系とのすり合わせが、起こりはじめています。一例としてビットコイン・エクスチェンジ(Bitcoin Exchanges)のひとつであるMt. GOX(マウント・ジー・オー・エックス)が米国財務省に対してマネーロンダリング法に準拠することを通告しています。

しかし今回のETFの企画は、ちょうどゴールドのETFが最初に登場したときのような、深遠な影響を与えると思います。

なぜなら証券口座をもっている人なら誰でも、ビットコインの「値動きに参加する」ことが出来てしまうからです。また特定の機関投資家(AP)は、ビットコインETFと現物、つまりビットコインそのものの価格差の鞘取りをすることも出来ます。

これからビットコイン周辺の動きが活発化すると思いますが、成り行きを見守りたいと思います。

【関連する記事】
キプロス危機で注目されるビットコイン
Bitcoinの生みの親は望月新一京都大学教授であるとテッド・ネルソンが主張 「Satoshiはアイザック・ニュートンに比するほどの人物だ。ノーベル賞を与えられるべきだ」