シスコ(ティッカーシンボル:CSCO $26.37)が第4四半期(7月期)を発表しています。数字はまずまずでしたが今後の見通しは悲観的でした:

EPS:市場予想51¢に対し結果52¢
売上高:市場予想124.1億ドルに対し結果124.2億ドル


来期の売上ガイダンスは+3~5%が示されました。これはコンセンサス(+4.9%)を下回りました。EPSガイダンスは50~51¢が示されています。これはコンセンサス(51¢)より少し少ないです。

さらに同社はカンファレンス・コールの中で「今後の見通しは不透明で、景気回復は凸凹している」として、社員の5%に相当する四千人のリストラを発表しました。

アフターマーケットでの同社株は-10%下げています。