ビットコイン(bitcoin)が連日連騰しています。

1

その背景なのですが、10月14日から中国の検索サービス、バイドゥ(ティッカーシンボル:BIDU)が、ミュージック・サービスの利用者に対して「ビットコインで支払いしてOK」ということを発表しました。

バイドゥのような大手が、ごく一部とはいえ、ビットコインでの決済を受け付け始めたということで、これまで閑古鳥が鳴いていた中国の「ビットコイン取引所」BTCチャイナは、ここ数日、みるみる出来高が増えており、今や「ビットコイン取引所」では最大のMt. Gox(=これはサーバが日本にあるようです)を凌ぎ、ナンバーワンの活況を呈し始めています。

1

もうひとつ、ビットコインが人気化している理由として10月2日に米国のFBIが脱法ドラッグを匿名で取引できるサイト、『シルクロード』を閉鎖したため、これまで何かと地下経済と結び付けて考えられ易かったビットコインのイメージが、今後向上するのではないか? と主張する人も居ます。