ツイッター(ティッカーシンボル:TWTR)のIPOロードショウが来週月曜日からキックオフされます。今日、主幹事ゴールドマンの本社で、IPO(新規株式公開)の機関投資家向け営業マンたちに対してドライ・ラン(=予行演習)が行われています。

上の動画はCNBCのケイラ・ターシュがその模様をレポートしているところです。

昨日の夜、今回のIPOの条件が明らかになりました。

初値設定:17から20ドル
今回売り出し株数:7,000万株
今回売り出し金額:14億ドル(但し20ドルで値決めされたとして)
ディール後発行済み株式数:5.45億株
時価総額:108.94億ドル
ティッカーシンボル:TWTR
上場市場:ニューヨーク証券取引所
上場予定日:11月7日前後
幹事:ゴールドマン・サックス、JPモルガン、モルガン・スタンレー



なおケイラのリポートによるとインスティチューショナル・ポット(機関投資家顧客への玉の割り振りをする際の新株のプール)は上記3社の主幹事に均等に(=1/3)に割られるそうです。その意味するところは:

1.アロケーションに対するゴールドマンの発言権が相対的に弱まる
2.その分、アロケーションを巡る主幹事3社間での競争は激しくなる
3.ゴールドマンが担う引受けリスクは相対的に低くなる


などです。

下はタイムズスクエアのモルガン・スタンレー本社のティッカーテープに流れたツイッターのウエルカム。

4
(写真はCNBCレポーター、ケイラ・ターシュのツイートから)

下はJPモルガンのディール・チーム。ツイッターのロゴ入りジャケットに注目。

5
(写真はCNBCレポーター、ケイラ・ターシュのツイートから)