1

ビットコインは数学に基づいたデジタルの資産です。ビットコインはオープン・ソースの、暗号化されたセキュリティ・システムに守られたネット上の仮想通貨で、送り手から受け手に、直接(peer-to-peer)渡されます。その場合、全ての過去の取引の記録(=Blockchain)が帳簿(transaction ledger)まるごと受け手に譲渡されます。

ビットコインはある時点でUSドルなどの通貨に換金することが出来ますし、逆にUSドルなどの通貨を持っている人がビットコインに換金することも出来ます。

ビットコインを処分したいと思ったら、ビットコイン・エクスチェンジ(Bitcoin Exchange)と呼ばれる、自然発生的に出来た数々の私設取引所のうちのひとつで、取引の相手を見つけることも出来るし、コインベース(Coinbase)に代表される、ビットコイン・ウォレット・サービス(Bitcoin wallet services)という周辺サービスの提供企業にて換金することも出来ます。

過去の全ての取引の記録(Blockchain)を残した帳簿(transaction ledger)を、まるごと受け手に譲渡するということは、金融機関の中央コンピュータで集中的に過去の取引記録が保管されるのではなく、個々のユーザーのビットコインそのものに、過去の取引記録が「記憶されている」ことを意味します。その「記憶」を今、持っているのは、そのビットコインを保有している人、つまりベアラー(bearer)に他ならないのですが、誰から誰にお金が渡ったかの個人情報を知ることは出来ない仕組みになっています。これはちょうど100円玉が、過去に誰の手から誰の手を渡って自分のところに回ってきたかを知ることは困難であるのと同じです。


ビットコインはどこの政府や金融機関にも依存していない、オープン・ソースの仮想通貨なので、金融機関が電信振込などの方法で所有権の記録の「付け替え」をすることはありません。キプロスで起きたような預金封鎖の対象にも成り得ないし、差し押さえることも出来ません

新しいビットコインは採掘(mining)と呼ばれる作業によって、発見されることが可能です。これはちょうどゴールドが鉱夫によって採掘されるイメージと同じです。採掘に際してはパワフルなコンピュータが必要ですし、ハッカーのように極めて才能ある人でないとビットコインの発見は困難です。現在のビットコインの流通量は1200万ビットコインですが、最高でも2100万ビットコインしか流通しないことになっています。金の採掘と同様、採掘が進めば進むほど、新しい金を掘るためには地中深くまで探索しなければならず、発見のための労力は漸増します。これがビットコインの流通を抑える働きをするわけです。

ビットコインを使用するに当たっては、ユーザーは自分のPCやスマホにウォレット(wallet)と呼ばれるソフトウエアをインストールする必要があります。ビットコイン自体は企業でもないし、単なる数列に過ぎないので、各国の政府などが取り締まることは難しいですが、ウォレットのサービスを提供する企業は、ちゃんとその本籍のある国の法律に準拠し、マネーロンダリング法などの諸規定を順守して営業しており、将来、新規株式公開を目指しています。

つまりちゃんとしたウォレット・サービスの会社を利用するか、胡散臭い経路でビットコインを利用するかは、ユーザー、つまりあなた次第なのです。なお、地下経済っぽい経路でのビットコイン取引は、今、次々に摘発されており、アングラ的な使い方はだんだん困難になっていることを指摘しておきます。逆に言えば、一連の摘発はビットコインの正統性のUPに大きく貢献したのです。

ビットコインはトランザクション・コストがほぼゼロに近いため、マイクロ・ペイメントなどの場面で、極めて便利です。コーヒー一杯を買う時、スタバでクレジットカードを提示すると、お店の人は嫌がります。これはトランザクション・フィーがお店の負担だからです。このような小さな支払いの場面で、ビットコインは最も威力を発揮すると思われます。

つまりポケットの中のジャラジャラした小銭代わりなのです。ビットコインが、あくまでも「コイン」であり「ビル(紙幣)」でない点に注目すべきです。

このほか、ビットコインはウェブサイトの「投げ銭ボタン」などに今後どんどん採用されてゆくと予想されます。(ウェブメディアを運営している僕としては、そうなると嬉しいです!)

ただ、そのためにはビットコインの価値が余り乱高下しない方が使い手にとっては助かります。(コーヒーの値段が、毎日変わると鬱陶しいですよね?)

残念ながら、ビットコイン価格は、いま猛烈な勢いで上昇してしまっています。これは投機の対象になってしまっているということが先ず指摘できます。しかし駅の改札のsuicaみたいな、利便性の追求こそがビットコインの本来の使われ方になると思います。いま、ビットコインが利用できるポイント・オブ・サービス(利用可能場所)はどんどん増えており、それがビットコインの需要を押し上げているのです。

ビットコインが普及すると、困る人が出てきます。ざっと思い浮かぶ名前で言えば、ビザカード、アメリカン・エキスプレス、ウエスタン・ユニオン、JPモルガン、アクセンチュア、IBM、アマゾン、アップル、AT&Tなどです。

(文責:広瀬隆雄、Editor in Chief、Market Hack

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」することで最新記事をサブスクライブすることができます。
これとは別にMarket Hack編集長、広瀬隆雄の個人のFacebookページもあります。こちらはお友達申請を出して頂ければすぐ承認します。(但し本名を使っている人のみ)
相場のこまごまとした材料のアップデートはMarket HackのFacebookページの方で行って行きたいと考えています。