1

今日、米国の上院国土安全保障・政府問題委員会でビットコインに関する公聴会が開かれました。

米国法務省は「仮想通貨システムはちゃんとした金融サービスとしての機能を果たし、グローバルな商取引を促進する可能性を秘めている事は認める」と発言しました。

また今日の公聴会には出席しませんでしたが、ベン・バーナンキ連邦準備制度理事会議長は予め用意された書簡の中で「仮想通貨はイノベーションを続ければ、より速く、より確実で、より効率的な支払いシステムとして長期で見れば見込みがあるかもしれない」と論じています。

財務省は仮想通貨が特に現在の法体系の中で空白になっている部分を露呈してしまう危険はなく、現行法でも仮想通貨を規制してゆくことは十分対応可能としています。また犯罪行為を助長することなく仮想通貨の良い面を享受することは可能であるとしました。

なんだなんだなんだ、みんなラブラブじゃん?

もう二度と言いません、「ハードディスクのチンカス」なんて。