「割安株に割安なし」という表現があるけれど、僕のクソ株に対する態度は極めて冷淡です。

売り叩かれた株に手を出したところで、それが2倍になるより半値になるリスクの方が多いと覚悟すべし。

ただ……一年で一回だけクソ株を買って良い時期というのがあります。それは12月半ばです。なぜならこの時期はアメリカの投資家がタックス・ロス・セリングという処分売りを進める時期であり、ボロ株が売られ過ぎになる時期だからです。

そのメカニズムは別のところで詳しく説明したので、ここでは割愛します。タックス・ロス・セリングを利用したトレード・アイデアを紹介して二週間が経ちましたので、ここまでの経過を見ると下のようなパフォーマンスになっています。

1

平均すると過去二週間で+9.4%というリターンでした。これは同期間のS&P500指数の+3.1%を遥かに上回るパフォーマンスです。

なおタックス・ロス・セリングの処分対象となった銘柄がリバウンドする、いわゆる「一月効果」は1月第2週くらいまでには、ほぼ完了します。だから上昇モメンタムに陰りが見えたら、直ぐにサヨナラすべき

Love them and leave them!