「自動的に消滅する」ピクチャー・ポストとメッセージで若者の間で人気となっているスナップチャット(Snapchat)から460万人分の氏名と電話番号がリークし、ネット上に晒されました。

このハッキングを行ったのはライトコンタクトという名前のハッカーで、Reddit上でそれらの個人情報を晒しました。

インターネット・セキュリティ・コンサルタントのギブソン・セキュリティーズは、かねてから「スナップチャットのセキュリティに不備がある」と指摘してきました。

しかしスナップチャットは、この警告を黙殺し、何も対策を講じなかったそうです。

今回のハッキングはスナップチャットのユーザーに対して「リスクがある」ということを周知させるためにやったものだと説明されています。

スナップチャットのメッセージは「後に残らない」という匿名性がウケて人気化したのですが、これではシャレになりません。

なお、今からスナップチャットの口座を消去しても、もう遅いそうです。