いきなりニューヨークで面接しろと言われても、困ります

第六章

ハリーズは会社から二百メートルほど離れたところにある、ハノーバー・スクエアという小さな公園の前にあるレストラン・バーだ。
ブラウンストーンのどっしりとしたタウンハウスで、入口の横には十九世紀風のガス燈があった。
ここはショーンフィールド&サンズの社員だけでなく、ウォール街に勤める人たちが帰宅前に一杯ひっかける場所として人気があった。
スパンキーを中心として我々がハリーズに乗り込んだ時には、バーはすでに混雑していた。
スパンキーはカウンターの中のバーテンダーにクレジットカードを渡しながら「今日の勘定は俺持ちだ」と告げた。
十人ほどのトレーダーや営業マンが勝手にビールを注文した。
スパンキーは「裕美は何がいい?」ときいた。
「ビールの銘柄は、正直言ってわからないわ」
「そうか……それもそうだな。じゃ、ハイネケンあたりから始めて見るか」
そう言ってバーテンダーに二つ注文した。
皆の手に飲み物が渡ったところで私を囲んで乾杯した。
乾杯してしまえば、後は皆、勝手な相手と談笑をはじめた。
私は同僚たちの大リーグ野球の話に、わからないなりに耳を傾けていたが、肩越しに男の気配を感じた。
その男を無視して、同僚たちの会話を聞いているふりをした。
しばらくして後ろの気配をうかがってみると、まだその男はそこに立っている。
ただ黙って、私のことをじっと見ているようだ。
私はその視線に抗することが出来ず、ちらっと後ろを見た。
男は無言のまま微笑んだ。
私は気まずくなったので、また皆の方に向き直った。
その時、その男が後ろから私の耳元に顔を近づけて、小さな声で言った。
「僕はカルロスだ。セールス・トレーダーだよ」
男の方に向き直った。
どう返答していいかわからなかった。
「じろじろ見てしまって、失礼。きみから目を離す事が出来なかったのだ」
その男はサラッとした調子でそう言った。
その静かなたたずまいに、自分の魅力に自信を持っていることが感じられた。
女性的とすら言える繊細さのある顔立ちだった。
彼は、黒の、仕立ての良いイタリアン・スーツを着ていた。
ネクタイは無く、白いドレスシャツの一番上のボタンは外れていた。
「わたしは」
自己紹介しようとしたとき、彼がそれをさえぎった。
「あなたが誰であるかは知っているよ。オフィス中がトーキョーから着たミステリアスな美女の噂でもちきりだからね」
私は黙って男の方を見た。
「あなたのことをずっと見てきた。三ヶ月間ね」
そのとき、昨日メアリーベスから聞いた、夜のトレーディング・ルームでの痴態の話を思い出した。
いままで点と点がつながらなかったが、この男が名うてのプレイボーイのカルロスであることに、ようやく気がついた。
「わたしもあなたが誰だかわかったわ。いろいろ噂のひとね」
カルロスは静かに微笑んで、柔らかい、丁寧な口調でつづけた。
「世間にはどうでも言わせておくさ。彼らは僕がどんな人間であるか知らない」
他のトレーダーが二人の話に割って入った。
「ようカルロス、おまえはまめな男だな。裕美にアプローチかけているのか」
カルロスはちらっとそのトレーダーの方を見た。
無言だったが、決して怒った様子は無い。
カルロスに無言でじっと目をすえられて、居心地がわるくなったのか、そのトレーダーは向こうへ行ってしまった。
カルロスは私に向き直った。
「誰もが自分の勝手な基準で他人を評価する。あなたを含めてね」
「私には付き合っている人が居ます」
「だろうね。男が放っておくはずがない」
「でもあなたには好きな人が居るのでしょう?」
「ダイアンの事かい? 噂が立ってしまったことは仕方ないな。彼女は積極的だ。つまりセックスに対する好奇心が強いということだ。昨日は強引に押しまくられた」
「彼女が居ながら私に声をかけるなんて、許せない。あなたは不道徳な人ね」
「きれいな女性の前には道徳や常識は無力だ」
「あなたの行動は軽薄で、邪悪で、不潔だわ。ダイアンがかわいそう。あなたの誘惑にはゼッタイに乗らないわ」
カルロスは私のその言葉には何も答えなかった。
私は(ちょっと言い過ぎたかしら?)と思った。
カルロスは静かにビールを飲んで、続けた。
「誘惑は我々の周りの、あらゆるところに存在する。誘惑は、それ自体、善でもなければ、悪でもない。誘惑は美しいものを賛美する行為のひとつに過ぎない。きみの場合も、もちろん賛美の対象だ。ところで資本主義自体、ひとつの誘惑の機構だと考えることが出来る。あなたもその機構の一部だよ」
カルロスのそんな言い方に怒りを感じた。
「わたしはそんな邪悪な存在ではありません。それどころか誘惑を憎んでいるわ」
カルロスはそれを聞くと、溜息をもらして、次のように続けた。
「僕から見れば、あなたは誘惑のゲームをとても上手く戦っている気がする。つまりツボを心得ているということだ」
「一体、それどういう意味?」
私は思わず声を荒げた。
ちょっと離れたところにいたはずのスパンキーが、いつの間にか私の横に居て、「裕美、大丈夫?」ときいた。
「ええ、私は平気よ」
それを聞いてスパンキーはまたもとの場所に戻って行った。
「怒らせてごめんよ。あなたは確かにそこらの女とは違う。他の人たちよりもう一段、高いレベルでものを考えているし、行動している。僕のお行儀の悪さを直すためには、もう少しキミのような清楚さを見習うべきかもしれない」
素直に自分の非を認める辺りは(この男、ちょっとかわいいところもあるわね)と思った。
それにカルロスの淡々としたしゃべり方には、どこか魔法のような、引きつけられるものがあった。
「僕はね、メトロポリタン美術館が好きだ。こんなうるさい場所で難しい話をしてもはじまらない。どうだい、今度の土曜日に一緒にメトロポリタン美術館を見て回らないかい? 僕はどっちにしても行くつもりだから正午に正面の階段のところで待ち合わせよう」
カルロスはそういうと私の返事も待たずにバーの人ごみの中に消えてしまった。

土曜日が来た。
ケビンとは連絡が取れなかったので、また週末をひとりで過ごさなければいけない。
それはもちろん、カルロスの誘いに乗らなければの話である。
実を言うと、私の心はもう決まっていた。
メトロポリタン美術館には自分も前から行きたいと思っていたし、昼間にカルロスと会うのなら、あいつも無害だろう。
それに先日は少し言い過ぎた。
私の考えをカルロスにきちんと伝える事が出来れば、あのプレイボーイも、もう少し品行方正になれるのではないか?
そう考えるとカルロスに会うのが、逆に待ち遠しくすら感じた。
今日もニューヨークは快晴だった。
気温はスルスルと上昇した。
胸に大きなリボンをあしらった、白い長袖の、薄手のブラウスを着た。
ブラウスの胴はぐっと絞ってあり、袖の裾にはフリルがついている。
黒いキュロット・スカートにハイヒールのブーツ・サンダルをはいた。
ベージュのつば広の帽子をかぶると鏡の前でカタチを整えた。
ウエスト街でタクシーを拾って、アップタウンを目指した。

カルロスはメトロポリタン美術館の正面階段の半ばあたりに腰掛けて、約束通りの時間に待っていた。
マイアミ風の白っぽいカジュアル・スーツに、うぐいす色の、光沢のあるシャツを着ていた。
白いパナマ帽を小粋に、前方を少し低くしてかぶっていた。
帽子には黒いリボンが回してある。
素足にタッセル・ローファーをはいていた。
「タクシーから綺麗なひとが降りたので、誰かと思ったら、きみだった」
そう言われて、悪い気はしなかった。

二人がメトロポリタン美術館の中に入ると、カルロスは「ギリシャ・ローマのセクションを見よう」と提案した。
私は特にこれが見たいという事を決めていなかったので、カルロスの言葉に従った。
カルロスは有名な作品の来歴を私に説明しながら、ゆっくりとした歩調で歩いて行った。
ナイアデス、ペルセウスなどの裸体の彫刻は、肉感的過ぎて目のやり場に困った。
おまけにカルロスはとりわけセクシーな彫刻の前で、たっぷり時間をかけて説明するので、私は恥ずかしかった。
(わざととしか、思えないわ)
視覚的な飽食から、頭がくらくらする気がした。
その時、カルロスは「そろそろ疲れたね。ボートハウス・カフェに予約してあるので、一息入れよう」と言った。

ボートハウス・カフェはメトロポリタン美術館から歩いて十分くらいのところにあった。
週末とあって混雑していた。
アウトドアの席に座っている、アッパー・イースト・サイドから来たと思われる上流っぽい婦人の多くは、花を挿した、つば広の帽子をかぶっていた。
テーブルが並べられている庭の周囲には、フラワーポットが配置されていた。
色とりどりの花が、夏の太陽の下で狂ったように咲き乱れていた。
カルロスは「日陰の方が良いだろう」と言って、屋根の下のテーブルをウエイターに指定した。
彼は一番見晴らしの良い席の椅子の後ろに立つと、手招きで私に座るように合図した。
私が座って、椅子とテーブルの間隔を詰める際、彼はかすかに後ろから椅子を押してそれを助けた。
その後で彼も着席した。
セントラルパークの池に張り出したデッキには、白いトスカナ様式の柱が並んでおり、その外にはベネチア風の黒いゴンドラが係留してあった。
池の水は深い緑色だった。
池には沢山のボートが出てカップルがマンハッタンの夏を楽しんでいる。
私とカルロスはエッグス・ベネディクトとシャンパンを注文した。
「このレストラン、気に入ってくれた?」
「とっても素敵なところね」
「きみはこの風景の中に溶け込んで、とても絵になっているよ」
「この前はハリーズで失礼な事を言ってごめんなさい」
「いや、僕のほうこそ謝らなければ。大半の女性は、男からちょっかいを出されることで、初めて自分の値打ちを確認する。でもきみの場合、人に言われなくても自分の値打ちをちゃんとわきまえている。自分に自信の無い女性を口説くのは簡単だ。自分に自信を持っている女性は難攻不落だ」
「あなたって、まるで戦士のようね。女性は皆、お城に見える。そこにお城があるというだけで攻城戦を仕掛けるわけね」
「動物的な攻撃本能ならきみにだって備わっているさ。いや、およそ投資銀行に勤めている奴で動物的な攻撃本能を持っていない人間は、成功しない」
「私は……そういう闘争的な世界は向いていないわ」
「いや、そうとも限らないぞ。きみの場合、何かこう正面から斬り込んでくるような、ふっきれたところがある。結局のところフランクがきみの採用を即決したのも、そのへんが理由じゃないかな」

食事が終わってボートハウス・カフェを出ると、カルロスが「ボートに乗ろう」と提案した。
カルロスは私の手を取ってボートに乗るのを助けた。
それからジャケットを脱いでオールを取った。
ボートは先ず池の真ん中に出た。
「どうだい?なかなかロマンチックなところだろ」
私は黙ってうなずいた。
「夏の暑い日を過ごすのに、僕が好きな場所は、こことブルックリンのグリーンウッド墓地だ」
次に大噴水の近くまでゆくと方向を変え、ウエストサイドの方へと向かった。
ボートはボウ・ブリッジという、弓型に湾曲した美しい橋の下をくぐって大きな池に出た。
池の周囲には背の高い草が生い茂っていた。
ボートはそれをかすめながら、人の居ない静かな場所に出た。
夏の虫が背の高い草の間を飛び回る「ぶんぶん」という音と、カルロスの操るオールが水を打つ時の音だけしか聞こえない。
遠くには英国バロック様式の二つの尖塔を持つ優美なアパートメントが見える。
「わたしはむしろ三日の命しかない蝶であることを望む。きみと過ごせる三日間がもたらす喜びは、五十年の月日にも勝るだろう」
「えっ?」
「ジョン・キーツだよ。イギリスの詩人だ」
私はどう言葉を続けていいのかわからなかった。
カルロスは単にキーツを引用しているだけのようにも見えたし、私のことについて語っているようにも受けとめられた。

ボート遊びを終えると二人はセントラルパークから出た。
緑の街路樹が美しい五番街で、カルロスはタクシーを止めた。
カルロスは私のためにドアを開け、私が乗った後、外から丁寧にドアを閉めた。
「ありがとう、今日はとても楽しかったよ」カルロスはそう言うとにっこり笑って手を振った。
私も体を入れかえながら後ろの窓越しにカルロスに手を振った。

『いきなりニューヨークで面接しろと言われても、困ります』は2012年に発表したトレンディー・ドラマ仕立ての小説です。投資銀行、ドレクセル・バーナム・ランベールの崩壊を下地にしています。
今回をもちましてティーザー(ちら見せ)連載は終了とさせていただきます。続きが読みたい方はキンドル本を買って読んで下さい。なおキンドルはiPhone、iPad、Androidにも対応しています。