2

チェックポイント・ソフトウェア(ティッカーシンボル:CHKP)はインターネット・ブームの黎明期の1996年にゴールドマン・サックスの主幹事で新規株式公開(IPO)された「老舗」です。

同社は様々なインターネット・セキュリティのソリューションを提供しています。それらは大きくハードウェアとソフトウェアに分けられます。

売上構成比で35%を占めるハードウェアは、別名、「アプライアンス(電化製品)」と呼ばれていますが、ピザボックスのカタチをしていて、企業のネットワーク室などに設置されます。

売上構成比で65%を占めるソフトウェアは、アップグレード、メンテナンス、サブスクリプションなどから成り、極めてコンスタントに継続売上が見込めます。ソフトウェアは顧客から入金があっても契約期間が満了しなければ売上高には計上されません。

サブスクリプション型のビジネスなので、一回チェックポイントの顧客になったら、途中で止める企業は少ないです。


同社の営業マージンは57.5%、純利益マージンは46%と、極めて高いです。また営業キャッシュフロー・マージンは46%と驚異的に高く、毎年15%程度、コンスタントに増えています。

1

【略号の読み方】
DPS一株当り配当
EPS一株当り利益
CFPS一株当りキャッシュフロー
SPS一株当り売上高


同社は毎期の決算発表で市場予想を1¢程度上回る決算を発表しています。つまり大きなアップサイド・サプライズも無い代わり、酷い落胆すべき決算を出すことも稀なのです。

同社は無借金経営で、バランスシート上には13億ドルのキャッシュが載っています。

同社の株価収益率(PER)は2014年の一株当り利益(EPS)に基づいて18.6倍であり、リーズナブルです。

(文責:広瀬隆雄、Editor in Chief、Market Hack

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」することで最新記事をサブスクライブすることができます。
これとは別にMarket Hack編集長、広瀬隆雄の個人のFacebookページもあります。こちらはお友達申請を出して頂ければすぐ承認します。(但し本名を使っている人のみ)
相場のこまごまとした材料のアップデートはMarket HackのFacebookページの方で行って行きたいと考えています。