1

同作品は2012年に発表したトレンディー・ドラマ仕立ての小説です。昔、ニューヨークのトライベッカに住んでいた頃、近くにモデル・アパートメントがあったことからヒントを得て執筆しました。ティーザー(ちら見せ)連載ということで、小説全体の3分の1程度を、毎日更新することで無料公開します。


第四章

翌日、ケイラがモデル・アパートメントでゆっくりしていたら、鉄夫から電話があった。昨日の写真が出来あがったので、モデル・エージェンシーに見に来いという指示だった。
「どう思う?」
会議室に広げられた、無数の写真をケイラはひとつひとつ取り上げた。
「私、まるで……モデルみたい」
鉄夫は黙って微笑んでいた。
「これにしたよ」
会議テーブルの端に、五枚の写真が並べられていた。
「これをメインに持ってこようと思う」
その写真はケイラの顔のアップで、とりわけ情熱的な表情の一枚だった。
ケイラは黙って大きく頷いた。
「きみのこの美しさは……どうだ」
鉄夫の声に、これまで聞いた事の無い、特別の感情がこもっていたので、ケイラは写真から目を上げ、鉄夫の顔をじっと見た。
鉄夫はケイラに見られている事には気付かず、その写真に釘付けになっていた。
しばらくして我に返ると「あ、こっちは全身が映っているから、きみのスタイルがよくわかる」と言いながら次の写真を示した。
ケイラは、もう自分の写真を見ていなかった。
鉄夫だけを、見ていた。
「それからこの写真は大人びたムードだから、こういう仕事も出来るという参考にちょうど良い」
それは黒いオーガンザのセクシーなイブニング・ドレスで撮った一枚だった。
「満足?」
「はい、最高に満足です!」
「これらの写真は、もう印刷に回しておいた。数日で出来あがって来る筈だ。今日は帰っていい」
ケイラはフュージョンの事務所から勢い良く表通りに飛び出した。
スキップしながらウエスト・ブロードウェイの交差点まで来ると、周りに人が居ることも気にせず、両手をダンサーのように広げ、踊りながら一回転した。

ケイラのコンプ・カードが出来てきたのはそれから三日後だった。
鉄夫はヘッドセットを装着して、デザイナーや雑誌社など、得意先企業に次々に電話を入れた。
「こんどウチにエキサイティングな新人が入りました。プラチナ・ブロンドで瞳の色はオリーブ・ドラブ、背は五フィート十インチ、サイズは三十三、二十三、三十四です。特に彼女の金髪は、真っ直ぐで、長くて、とても健康的ですから、シャンプーの宣伝などにはもってこいです」
夕方の五時にケイラからチェックインの電話があった。
「ハーイ、ケイラ。仕事だ。明日朝九時にインスタイルのシェリルに会って欲しい。彼女はアシスタント・ビューティー・エディターだ。インスタイルが、どんな雑誌か、知っている?」
鉄夫はミネラル・ウォーターを一口飲んだ。
「親会社はタイムだ。発行部数は一千万部もある。ここは自社企画記事が充実している。だからエディトリアルの仕事をする機会が多い。シェリルは主に化粧品やヘアケア製品の特集記事を書いている。オフィスはタイムライフ・ビルの中だ。アメリカ街の五十一丁目だ。セキュリティのチェックが厳しいビルだから、少し早めに着く事。コンプ・カードは持っているね? それじゃ、幸運を祈る」



翌日、ケイラは言われた通り、九時十分前にアメリカ街のタイムライフ・ビルに着いた。高層ビルの多いマンハッタンでも、そのビルはひときわ高かった。
インスタイルの受付で来意を伝え、しばらくするとシェリルが来た。
シェリルは挨拶するとすぐに壁際のスペースを指し「そこに立って」と言い、ポラロイドを構えた。
二枚だけ写真を取り「ごくろうさま、以上です」と言い、ケイラのコンプ・カードとポラロイド写真をフォルダーに放り込むと手を振って行ってしまった。
ケイラはタイムライフ・ビルを出てアメリカ街から鉄夫に電話した。
「いまインスタイルのシェリルとミーティングが終わりました。三分で済んじゃいました」
「それでいい。次のキャスティングの予定が入ったら、また連絡する。今日はもう帰っていい。明日、歩き方の稽古をするから十時にビーチ街のクライン・スクールに行って、マイクに会って欲しい」

次の日、ケイラは、もともと綿花の倉庫だったビルに入居しているダンス学校で歩き方のレッスンを受けた。体育館のような広々したスペースに、Tシャツにトレーナー姿の黒人が待っていた。
「あーら、いらっしゃい。あなたがケイラね。私、マイクよ」
女性のような甲高い声だったので、ケイラは思わず彼の顔を見直した。
間違いない、確かに男性だ。
ケイラはウォーキングシューズを脱いでスチレットヒールのパンプスに履き替えた。
「それじゃ、早速、歩いてちょうだい」
ケイラは明るい光の差し込む板張りのフロアを、ずっと端まで歩いて行き、ターンして戻ってきた。
「先ず姿勢だけど……」
そういってマイクは肩をすぼめる仕草をした。
「あなたの姿勢はこう」
ケイラは思わず笑ってしまった。
「ね、みっともないでしょ?」
マイクはケイラのそれぞれの肩に人差し指を当てて、押した。
「まず肩を後ろに引き、胸を張って。じゃあ、歩いてごらんなさい」
ケイラはもう一度歩いた。
「前かがみになってはダメよ!」
「顎を引きなさい!」
「頭はあたかも天井から見えない糸で吊られているように常に垂直に」
指示がどんどん飛んできた。
「あなた、歩く時に頭が左右に揺れているじゃないの」
「ひざをしっかり固定して」
「横から見た時、体の線が真っ直ぐでないとダメ」
「肘は少し自由でいいわ」
マイクはブームボックスのスイッチを押した。
ヒップホップが流れてきた。
「リズムに合わせて!」
「もっときびきび歩きなさい!」
「ストップ!」
マイクは突然、音楽を止めた。
「それじゃ、次にターンの仕方を教えるわ」
マイクはそう言うとお手本を見せるために歩いて行った。
「ここで止まる。そのときに止まりながら体重を全部右足にかけるの」
マイクは両手を腰に当てて威張ったようなポーズを作った。
「すると左足が自由になる」
マイクの体は自ずと左の方を向いた。
「右のお尻に全部の体重が乗るから、右のお尻がセクシーに強調されるわ」
「次に体重をゆっくり左のお尻に移す……」
今度はマイクの体は右の方を向いた。
「ね、こうすれば今度は体が右に開くから、服のシルエットが手に取るようにわかるわ」
体重を全部左のお尻に移し終わると同時に、マイクは右のお尻から後ろ向きにターンした。
うわぁ、凄い! ケイラはマイクの見事なターンの目の当たりにして、俄然、やる気が出た。
「ね、わかった? それじゃ、あなたの番よ」
ケイラは示されたお手本の通りにやってみた。
「きれいよ」
「あ、出来ちゃった」
自分でもしっくり来るものがあった。
「次は歩く時の雰囲気作りよ。どうすれば、クールな態度になれると思う?」
「……」
「じゃ、これから言うイメージを頭の中で想像して。今、あなたはビキニで海岸を歩いている。逞しい男たちの飢えた視線があなたの肢体を舐めまわしているわ。それを無視して、すました顔で通り過ぎるの……わかる? やってごらんなさい」
「ランウェイ・ショーではデザイナーから常にどういうイメージを演出したいか指示が飛ぶわ。そのとき、自分がまるで女優のようにそのキャラクターになりきるの。そうすれば目が生き生きしてくる。何も考えずに歩くと、目でそれがばれてしまうわ」
ケイラが歩く稽古を始めて既に一時間が経過している。
パンプスのストラップが足に食い込んで痛かった。
「ちょっと……休んでいいですか?」
ケイラは板張りのフロアにペタリと座ると、パンプスを脱いで足をさすった。
「さ、いつまでも休んでないで、もう一度トライして!」
やっとの思いで立ち上がると、マイクが再び大音量で音楽を流した。

インスタイルを皮切りに、ケイラは連日、ファッション雑誌、ティーン雑誌、百貨店、ジーンズ、サンダル、寝具、サングラスなどのキャスティングを次々に受けた。
マンハッタンを縦横に走り回ったせいで、地下鉄や通りの名前もすっかり覚えてしまった。
こうして最初の二ヶ月は瞬く間に過ぎ、暦はいつの間にか八月になっていた。
しかしケイラには未だひとつも仕事が回って来なかった。
モデル業に無駄骨はつきものである。
しかしこれだけ必死に顧客を回って、ひとつも仕事が来なければ、さすがにへこむ。
お金の面でも心細かった。
モデル・アパートメントやコンプ・カードの借金が千八百ドル程度になっていた。
この調子で何も仕事がないままモデル・アパートメントに居続け、コンプ・カードを配り続けると借金は雪だるま式に増えてしまう。
キャスティングが仕事につながらないモデルは、しばらくするとブッカーに見放される。大半のモデルのたまご達は、そういう風にして一年もしないうちに消えてしまうのだ。
ケイラはくよくよ悩むタイプでは無いが、ここ数日、気持ちは塞ぎ込みがちだった。

そんなある日、ケイラはフュージョンの事務所に来るように言われた。
わたし、クビになるのかしら? 二ヶ月前に初めてオープンコールでフュージョンに来た時より、今回の呼び出しの方が緊張した。
鉄夫はケイラの姿を見ると会議室を指差した。ケイラの後から会議室に入った鉄夫はドアを閉めると入口から一番近い椅子に座った。
「調子はどう?」
「最高です」
「……それだけかい?」
「ええ、それだけです」
ケイラがそう言うのを聞いて、鉄夫は微笑んだ。
「私、何か……しでかしました?」
「そういう訳じゃない」
「何か問題があれば、言って下さい」
「きみが気落ちしていないか気になったのでね」
「すみません、仕事が取れなくて……」
「いや、きみを責めているわけじゃない。どんなに頑張っても、ぜんぜん仕事が来ないことは、あるんだ」
「私、モデルに向いてないのかも……」
「そんな事は無いさ。きみは既にフュージョンと契約しているのだから、業界のインサイドの人間だ。内側の人間なんだって事を、片時も忘れてはいけない。あとは内側に居る人間だけに与えられるチャンスを、どう生かすかということだけを心配していれば良い」
「はい」
「正直言って、きみに未だひとつも仕事が回ってきていないことに驚いている。でも採用したのは僕だ。きみを最初に見た時、ついに僕にもツキが回ってきたと思った。きみは仕事に対する姿勢も良い。ちょっと仕事が取れなかったくらいで、僕はきみを諦めたりしない」
ケイラはキッと口を結んで、まっすぐ鉄夫を見ていたが、その目は潤んでいた。
「生活費、無いのだろう?」
「うん」
「ケイティに現金の前渡し金を二百ドルほど用意させる」
そう言うと鉄夫は会議室の電話からケイティの内線をダイヤルし、キャッシュを用意してくれと頼んだ。
「もう一度言うけど、僕はきみを百パーセント信じている。最初の仕事を取るのが、いちばん難しい。だから、投げ出すな」
「わかりました」

【ひとつ前の章】「おまえはスーパーモデルを目指せ!」なんて、よくもそんな残酷なことが言えたわね 3

ティーザー(ちら見せ)連載は今回が最後です。続きを読みたい方は、Kindle本を買ってください。