例の偽ベートーベン事件を機にイケダハヤトがゴーストライターを使っていることを告白しました。

僕、その記事を読んだ時、アタマが真っ白になってしまったんです。

(えーっ、そんなの、アリかよーっ!)って。

だってですよ、「ブログを毎日続けられないのはブログ筋肉が貧弱だから」とか言ってた人が、「半分くらいはゴーストライターが書いている」って……

百年の恋も冷めると言うか、これはもう「彼氏からプレゼントされたCOACHの時計を質屋に売ろうとしたら『これ雑誌の付録です』と言われた」みたいな、、、

だいいちイケダハヤトといえば、ウブなにいちゃんが徒手空拳でビッグ・メディアに立ち向かうっ~という「ダビデとゴリアテ」感がたまらないわけで。

(こらダビデ、死ねッ! 死ねッ!)と応援するのが密かな愉しみなんです。

それが急にbusiness savvy なところを得々と語られたんじゃ、もう素直に楽しめない。

「ちゃんとことわってりゃいい」って、そういう問題じゃ無いと思うけど……

これってイケダハヤトのコーポレート・アイデンティティの問題ですよね?