今日、アメリカのニュース雑誌、Newsweekが巻頭特集でビットコインの謎の発明者、Satoshi Nakamotoが、実はナカモトサトシという実在の人物であるとスクープし、テック・コミュニティーが蜂の巣をつついたようになっています。

このスクープをモノにしたのはNewsweekの上席スタッフ・ライター、リア・マグラース・グッドマン(Lear McGrath Goodman)です。彼女はフィナンシャル・タイムズ、ウォールストリート・ジャーナル、CNNなどに豊富な寄稿実績のあるインベスティゲーティブ・リポーター(探偵記者)で、主にダウジョーンズ社を中心として活躍してきました。

「ビットコインの裏に居る人(The Face Behind Bitcoin)」と題された長尺記事で、ナカモト氏(64歳)はカリフォルニア・ステート・ポリテクニーク大学ポモナ・キャンパスの卒業生で、物理学の学位を取得したとしています。

ナカモト氏はグッドマン記者が彼の居場所を突き止め、インタビューするためドアをノックしたら、それに応えず、代わりに警察を呼びました。

そこで当直の二人のお巡りさんがナカモト氏の家に赴き、この「侵入者」、つまりグッドマン記者に「一体、アンタは何をやろうとしているんだね?」と聞き、グッドマン記者が「私は記者で、この人がビットコインの発明者じゃないかと思ったので、直接お話しを聞くために訪問したのです」という話になったわけです。

そこでナカモト氏、グッドマン記者、二人のおまわりさんが、事情徴収するうちに、この人が正真正銘のビットコインの発案者だということがわかったと言う次第です。

ナカモト氏は「じぶんが関与していました」とあっさり認め、伏し目がちに「今はもうビットコインとは無関係ですから、お話することはありません」と語りました。「他のひとたちが引き継いでいるのです。彼らが今、ビットコインをやっていて、私はもう何の関係もありません」

ナカモト氏は鉄道模型のコレクターで、職歴はなぞの部分が多く、米軍や大企業の秘密プロジェクトなどの仕事に携わっていたようです。

グッドマン記者はナカモトサトシの正体を突き止めるにあたって、まずこれが本名である可能性を念のために調べてみました。アメリカに住んでいるナカモトという名前の日系人は数人居るのですが、(ひょっとしたら、この人かな?)と思う人はテンプルシティ在住のナカモト氏だけでした。



そこでグッドマン記者が電子メールで連絡を取り、最初は鉄道模型の趣味などについて質問しました。

その過程でグッドマン記者はナカモト氏がCAD-CAMなどのコンピュータを駆使し、鉄道模型を改造したりしていることを知り、(こういう凝るタイプのひとは、ひょっとして……)と思ったわけです。

ナカモト氏は子供の頃から鉄道模型に凝っていて、日本やイギリスからもパーツを取り寄せ、自分でグラインダーなどの工具を使ってモデルを組み上げていったそうです。

ビットコインの事についてグッドマン記者が質問した途端、ナカモト氏は口を閉ざし、電話に出なくなりました。そこでグッドマン記者はナカモト氏の弟、アーサー・ナカモト氏にコンタクトし、アーサー氏から兄に関する情報を聞き取りました。

「兄は素晴らしい知能を持った人で、数学やコンピュータに長けています。でも人見知りするタイプで、仕事も軍関係の機密のことをやっていて、経歴のすくなからぬ部分が空白で、自分も彼が何をやっていたのか知らないのです」

グッドマン記者は次にビットコインの運営に携わったギャビン・アンドレッセンにコンタクトし、ナカモトサトシが何者なのかを問いました。

アンドレッセン氏はナカモト氏本人と会ったことはありません。でもビットコイン・ファウンデーションなどでナカモト氏とやりとりするうちに「ナカモト氏がビットコインをやった動機は、現在のシステム、つまり大銀行などの特権的な企業が肥える仕組みを心から嫌っていて、もっと平等なおカネのやりとりのシステムを考案したいという、政治的な動機から始めたという印象を受けた」のだそうです。

そんな平等なシステムを作った場合、それが現在の法に抵触してしまうかも知れないという配慮から、表に出なかったというわけです。

ナカモト氏はカリフォルニア・ステート・ポリテクニークを卒業した後、「ドリアンSナカモト」という名前に変えます。彼は日本の別府市で1949年7月に生まれ、両親が離婚した後、母、アキコさんに育てられます。アキコさんは離婚後、アメリカに三人の息子と移民し、それ以来、テンプルシティに在住しています。

大学を出た後、ナカモト氏はヒューズ・エアクラフト社に就職面接に行き、その面接の場で面接官を「あんたは馬鹿だ」と罵倒し、なぜ正しくないかを理路整然と説明し、採用されたそうです。

ナカモト氏の勤めるヒューズ・エアクラフトの部門は、後に防衛関連企業、レイセオンの傘下に入ります。レイセオンはミサイル誘導装置などのシステムを開発している会社です。

その後、ナカモト氏は株価端末の企業、クウォートロンにもつとめたことがあるそうです。


(文責:広瀬隆雄、Editor in Chief、Market Hack

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」することで最新記事をサブスクライブすることができます。
これとは別にMarket Hack編集長、広瀬隆雄の個人のFacebookページもあります。こちらはお友達申請を出して頂ければすぐ承認します。(但し本名を使っている人のみ)
相場のこまごまとした材料のアップデートはMarket HackのFacebookページの方で行って行きたいと考えています。