1

今日、オバマ大統領が「学資ローンの返済額は、借り手の年間所得の10%を超えてはならない」と規定する大統領令を発令しました。

大統領令(Executive Order)とは合衆国大統領が行政権を行使することで発せられる一種の行政命令です。10%という上限(=キャップ)は2010年以降導入されていますが、それはこれまで返済の選択肢のひとつに過ぎず、実際にはそれ以上の返済負担を背負込む若者も多かったです。

2

今日、大統領令発令に際してオバマ大統領がスピーチし、エリザベス・ウォーレン上院議員(民主党、マサチューセッツ州)が起草した学資ローンの借り換えを可能にする法律を通過させるよう、下院議員たちに対して呼びかけました。

学資ローンの負担が重いことは、俄かに米国で大きな争点となりつつあり、今年の中間選挙に向けて、今後さらに議論が出ることが予想されます。

特に議員のこの法案に対する投票行動はソーシャルメディアなどを通じてミレニアル世代からかなりフォローされる可能性があります。

最近の米国の選挙、とりわけ大統領選挙では、このミレニアル世代の影響力がずっしりと感じられ始めている折、共和党もぼんやりとしてはいられません。