1

6月末に米国連邦保安局が手持ちのビットコインを一部処分しました。このビットコインはアメリカ政府が不法サイト、シルクロードを検挙、閉鎖した際、差し押さえられたビットコインです。

今回の処分は特定参加者への入札形式をとりました。

入札にあたって「政府が大量のビットコインを売却すれば、価格が崩れるのではないか?」という懸念が出ました。

しかしフタを開けてみれば、需要の方が供給を大幅に上回り、結果としてセカンドマーケットのようなちゃんとした参加者も、1ビットコインも落札出来ませんでした。

このニュースが伝わるや、ビットコイン価格はするすると上昇し、入札が行われた6月末には600ドル以下で取引されていたビットコインは現在、640ドル付近まで上昇しています。